利用上の注意

保健室(ほけんしつ)をりようする上での約束(やくそく)やお願い(おねがい)がかいてあります。
よく読(よ)んでから,保健室を使(つか)ってくださいね。

 

こころとからだのけんこうについてかんがえてみよう!

しょうがくせいのおともだちへ
こころとからだのことがかいてあります。
いつでも、だれでも、きがるにつかえます。
かいてあることを、しんけんにかんがえてみてほしいな。
かいてあることをたいけんするときがきたら、こうどうしてほしいな。
わからないことや、もっとしりたいことは、いえの人にきいたり、いっしょにしらべ
 てみよう。
ここにかいてあることは、きみたちのいきかたをきめるものじゃないよ。
 じぶんでよくかんがえて、ただしいとおもったことをしていこう。
 じぶんのいけんをもつことがたいせつだよ。
 
中学生以上のみなさんへ
心と身体の基礎知識や健康に関することが書いてあります。
いつでも、誰でも、気軽に利用することができます。
書いてあることを、真剣に考えてみてくださいね。
書いてあることを体験する機会があったら行動実践して下さいね
分からないことや、もっと知りたいことは、色んな人に聞いたり、自分で調べたり
 してみてみよう
ここに書いてあることは、基本的な知識で、みなさんの生き方を決めるものでは
 ありません。個人がよく考えて、正しいと思ったことを行動・実践していこう!
 そのために自分なりに考えて問題意識をもつことからはじめましょう
 
保護者の皆様へ
生涯学習の時代です。親が見聞を広めることは、自身の成長につながります。
これを機会に、お子様と一緒に考える時間を設けてみませんか?
親から子へ、語り継ぎ、受け継いでいくものは数多くあると思います。そのため
 には、親が多くのことを知り、考えるという行為をしていなければなりません。
現在の時代背景を元に内容を選定しておりますので、過激とお感じになる内容
 があるかと思います。しかし、必要とされる内容を取り上げております。現状を
 直視して頂きますようお願い致します。
これはこういうものだという親から子への一方的な押し付けとならないよう、「私
 はこう思う」という親の価値観を元に話しを進めていって頂きたいと思います。
 

うぇぶ保健室に戻ります

©Y.Nagatuki&Believe Life.